@kenshishido is on PowPing!

PowPing is a place where you can earn Bitcoin simply by socializing, for FREE.
Never tried Bitcoin? It's OK! Just come, socialize, and earn Bitcoin.
Check out kenshishido's activities

ビットコイン総合

visit channel home
Total Economy: 0 USD

クレイマンライト裁判。004 (2021/11/5)

本日のハイライトはクレイグ博士弁護団によるアイラクレイマンの尋問だ。(一日中!)以下要点を書く。

1. ビットコインのロゴ

昨日のアイラの供述では2009年のThanksgiving (11月26日(Thu))に、デイブがアイラにビットコインのロゴ"₿"を書いてみせた。しかしこの時点では例のビットコインロゴは存在していない。

https://www.benzinga.com/markets/cryptocurrency/21/11/23892245/kleiman-v-wright-day-3-ira-kleiman-testimony-brings-more-questions-instead-of-answers

2. フロリダ事件担当記者Caroline氏のThread翻訳(機械翻訳)

a. 今日のクライマン対ライトの裁判の概要を説明すると、一日中アイラ・クライマンに対する反対尋問が行われた。

b. ライトの弁護士は、デイブ・クライマンの衰弱した健康状態、彼の個人的な財務状況(非常に悪い状態だった)、そしてデイブの家で見つけたデバイスをアイラが使用していたことなど、いくつかのトピックについて説明した。

c. ライトの弁護士は、10月にビットコインホワイトペーパーが発表される前の2008年から、デイブ・クライマンがライトらに健康状態が悪く、仕事がうまくいかないことを伝えたメールの数々を陪審員に見せた。

d. また、クレイグがデイブに送ったメールには、ホワイトペーパーが主に完成しているように見え、「目立った誤り」がないかどうかをデイブに尋ねているものもあった。

f. アイラは、兄があまり貯金をしない人で、死んだら借金だけを残したと証言しています。2014年2月にクレイグに宛てたメールの中で、彼はこう言っています。"Knowing my brother, if there was more than $1000 in the account he would have sold it." と。

g. デイブは自宅を担保に借金をしていたようで、56万ドル以上の借金がありました。国税庁にも1万7000ドル以上の借金があった。

h. アイラの弁護士は、2015年6月に財務省に宛てた手紙の中で、アイラはデイブの持ち物の中に、ビットコインやライトとのビジネス取引の形跡を見つけられなかったと述べている。

i. その手紙から。「デイビッドとライト博士またはW&K LLCとの間の契約について、彼が持つ唯一の情報は、クレイグ博士が彼に伝えたものでしょう。」 ライトは唯一の情報源だったと弁護士は言う。

j. 最終的には、デイブの自宅で見つかった物理的なデバイスに焦点が当てられた。2014年2月にライトに宛てたメールで、アイラは「間違いを犯さないかドキドキしている」と述べ、アクセスできない書類やドライブを捨てて、すでにそうしてしまったかもしれないと認めている。

k. しかし彼は、ライトを相手に訴訟を起こした後も、2018年までハードディスクを使い続けていた。アイラは、デイブのファイルには一切手をつけず、自分の個人的なファイルを追加しただけだという。

l. アイラに対する反対尋問はまだ終わっていない--弁護士が明日の朝に仕上げる約1時間が残っている。

3. Kurt Jr.氏の報告。

a. メインストリームメディア(CNN, ABC他)記者が続々傍聴席に登場。現在記事を作成中のようだ。

b. デイブの性格、生活ぶり。手元のお金は全部使ってしまう。

c. クレイグ博士とデイブがビットコインとは全く関係ない論文や、DHS(国家安全管理局)の各種プロジェクトに入札した提案書などが証拠として提出された。

d. アイラは30以上のメールアドレスを使用しており、一つ以上のアドレスでデイブになしすましていた。“wrightkleiman@gmail.com”では米国税庁、オーストラリア国税庁に連絡していた。

e. リベロ弁護士は「アイラさん、デイブの友人で訴訟をしていない人はいますか??」

f. Kurt Jrに取材依頼が急増中。

4. Coindeskの報道の動画報道

「クレイグ博士が勝訴したら彼がSatoshi Nakamotoになるのではないでしょうか?」

https://twitter.com/CoinDesk/status/1456335490131582983?s=20

映像は現在見れないが、コメントが「おぉ、わかってきたか。」

5. クレイグ博士のコメント

a. アイラがATOに通報し、2015年12月4日にGizmodoとWiredにクレイグ博士がSatoshiだとリークした。その結果AFT(オーストラリア国家警察)がクレイグ博士の元の家に家宅捜索に入るということになった。(テレビ局と同行)

b. ATOとの裁判はクレイグ博士のビットコインから税金を徴収したかった。ビットコインはトラスト にそのまま移動されていたため、裁判により勝訴した。アイラはクレイグ博士の会社を税金を支払うために精算させると、ビットコインの債務が徴収できると考えていた。

c. 2015年3月-5月にかけてクレイグ博士はDeMorgan社(および関連会社。nChainの前身)の株式50%を$50Mでカルビンさんに売却する交渉をしていた。そのときの条件はアイラとの関係を完全に断ち切ること。しかし、これができなかったために、関連会社の社長を努めていたRob McRegor氏に売却した。(これがのちのnChainになってからの問題につながる。)

6. BSVのHash Rateが急上昇した。(その後戻った。)

https://coin.dance/blocks/hashrate/log

6. 明日はクレイグ博士の尋問が予定されている。

以上。

宍戸健

東京ビットコインベンチャーズ

ビットコインアソシエーション日本代表

powered by powpress
link Tip
Share
tx
translate