@kenshishido is on PowPing!

PowPing is a place where you can earn Bitcoin simply by socializing, for FREE.
Never tried Bitcoin? It's OK! Just come, socialize, and earn Bitcoin.
Check out kenshishido's activities
Total Economy: 0 USD

陪審員に委ねられた25の質問。

2021年11月25日

執筆:宍戸健

クレイマンライト裁判の陪審員に委ねられた25の質問について、24日に公開されたCoingeekのライター、Jordan Atkins氏の記事を完全解説する。Jordan Atkins氏は法律の専門家である。

ここから記事の翻訳。(DeepL翻訳から修正し、解説を加えた。)

世紀の裁判の審議のために、陪審員が正式に出てきた。陪審員たちは、クレイグ・ライト博士が単独でビットコインを発明したのか、それとも故デイブ・クレイマンと一緒に発明したのかについて、弁護士たちの議論を数週間にわたって聞いてきました。

合計約6億ドル(約7兆円)以上とも推定されるデジタル資産や知的財産が絡む、非常に複雑な事件です。

この事件は、サトシ・ナカモト・プロジェクトの具体的な著作権という1つの重要な問題が中心となっていますが、陪審員は合計25の問題について判断を求められています(これらの問題はこちらでご覧いただけます)。

この中には、陪審員が有罪か無罪かの評決を下さなければならない7つの正式な訴因が含まれています。この訴訟は、W&K社とDavid Kleiman氏の遺産という2つの原告を代表して提起されているため、陪審員は被告がどの原告に対して責任を負うのかを特定しなければならない訴因がいくつかあります。

その7つの項目とは以下です。

1. パートナーシップの違反(Breach of partnership)

ライト博士とデイブの間にパートナーシップがあったか、あった場合、ライト博士はそのパートナーシップに違反したか。

2. 横領(Conversion)

ライト博士は、デイブとW&K社の財産を不当に入手したか?(ライト博士がすでに管理していたデイブまたは共有の財産を侵害すること。)

3. 窃盗(Civil theft)

ライト博士は、デイブ、W&K社および/またはパートナーシップの財産を、その当事者の財産を引き出すという犯罪的意図を持って入手(または入手しようと)したか?(デイブ管理していた財産をライト博士が摂取すること。)

(横領と詐欺の違いについてはこちら。)

4. 詐欺(Fraud)

ライト博士は、デイブまたはW&K社が特定の意思表示(またはしないこと)を信用することを意図して、虚偽であることを知りながら虚偽の表示(またはあえてしない)を行い、その詐欺行為がデイブまたはW&K社に損害を与えたか?

5. みなし詐欺(Constructive fraud)

ライト博士は、自分と原告との間の信頼関係を(悪意をもって)利用し、それによってその原告に損害を与えたか?

6. 善管注意義務の違反(Breach of fiduciary duty)

ライト博士は、オーストラリアでW&K社に対する判決を不正に取得し(財産を不正に移した。)、それによってライト博士が会社に対して負っていた善管注意義務に違反したか?

7. 不当利得(Unjust enrichment)

ライト博士は、デイブおよび/またはW&K社から不当に利益を得ていたのか、また、ライト博士がその利益を支払うことなく保持することは不公平ではないか。

さらに、各訴因について有罪と判断された場合、陪審員は被告の行為によって生じた損害額を裁判所に伝えなければなりません。これらは具体的な補償的損害賠償であり、原告を再び完全な状態にすることに関係してきます。

本件は、ビットコインと知的財産の両方を盗んだと提訴されています。陪審員が7つの訴因のいずれかでライト博士を有罪とする場合、彼らはパートナーシップのビットコインまたは知的財産を現在のドル価格で評価するよう指示されています。

さらに、ライト博士とデイブとの間にあったとされるパートナーシップの正確な内容が原告によって提示されていないため、他の情報がない場合、法律はパートナーシップの資産が均等に分割されることを前提としています。

これが本件で問題となっているビットコインにとって何を意味するかというと、例えば、陪審員は、まずパートナーシップが所有するコインの数を決定しなければなりません。次に、現在の価値でのコインのドル価値を特定しなければなりません。最終的な損害賠償補償額は、その半分となります。

陪審員はまた、授与されたBitcoinのうち、どの部分がデイブの財産になり、どの部分がW&K社分に相当するかを決定する必要があります。

さらに陪審員は、ライト博士が提出している2つの積極的抗弁(Affirmative Defense)について評決を下さなければなりません。積極的抗弁とは、通常、被告が、訴訟の申し立てがたとえ真実であっても法的責任を負わないことを主張するものであるため、これらの抗弁は、陪審員が7つの主要な訴因について判断した後にのみ考慮されます。

2つの積極的抗弁は、時効とラッチの2つです。弁護側は当初、14の個別の抗弁を主張していましたが、この2つを除くすべての抗弁が裁判前に裁判所によって取り消されました。

時効の抗弁とは、法定の責任期間が経過したことにより、被告は責任を負わないという主張です。これは、横領、不当利得、詐欺、みなし詐欺、および善管責任違反の請求に関連してのみ主張されます。(フロリダでは口頭でのパートナーシップについては特定の条件を満たしている場合合法であるが、申し立てがない場合は4年間で時効が成立する。)

(ラッチ(懈怠)とは、原告が訴訟を起こすまでに不合理な時間がかかったという主張です。(英米法において、自らの権利を行使しようとせず、「権利の上にあぐらをかく」ことで適切な時期に権利行使を行わなかった者を救済しないという法理 (doctrine of laches) が適用される。)

陪審員が決定しなければならない最後の問題は、原告に懲罰的損害賠償請求を認めるかどうかという大きな問題です。懲罰的損害賠償は、各請求項に関連する特定の補償的損害賠償に追加して、特定の行為に対して被告を罰することです。

懲罰的損害賠償を認めるためには、陪審員は、被告が故意に違法行為または重大な過失を犯したと認めなければなりません。つまり、損害賠償額合計に上乗せして、懲罰的損害賠償を認める場合には、被告がその行為の不当性を実際に知っていたか、あるいは原告の権利を意図的に無視し、自分の行為の不当性について悪意であったことが証明されなければなりません。

このように、懲罰的損害賠償は、横領、詐欺、詐欺の3つの訴因にのみ該当します。具体的な金額については、陪審員の裁量に委ねられます。

これらは、陪審員が現在直面している問題です。陪審員は早ければ今日の午後にも評決を出すことができるでしょう。しかし、もし陪審員が、サトシ・ナカモト・パートナーシップに支払うべきビットコインの正確な金額を決定するために、ここ数週間で何時間もかけて行われた証言や文書調査を選択しなければならないとしたら、木曜日の感謝祭まで、そしてそれ以降も審議が続く可能性があると思われます。

記事の翻訳はここまで。

上記の翻訳を終えた後の筆者の考えとしては、これは29日(月)からさらに数日は時間がかかりそうな気がする。

powered by powpress
link Tip
Share
tx
translate