@kenshishido is on PowPing!

PowPing is a place where you can earn Bitcoin simply by socializing, for FREE.
Never tried Bitcoin? It's OK! Just come, socialize, and earn Bitcoin.
Check out kenshishido's activities
Total Economy: 0 USD

ロシア国防省アップデート(3月7日)

2022年3月8日 宍戸健

ロシア国防省陸軍放射能生物兵器防衛部隊(Nuclear, Biological and Chemical Protection Troops of the Russian Armed Force、Russian NBC Protection Troops)、IGOR KIRILLOV中将が行なったウクライナの生物化学研究施設に関する発表を以下翻訳する。

翻訳はココから。

ロシア連邦国防省は、米国国防総省(Pentagon)が旧ソビエト連邦地域国で実施している生物学的プログラムに繰り返し注意を促してきた。

その中には、科学研究用と衛生疫学調査用に分かれた30以上の生物学的実験室が存在し、ウクライナ国内にもいくつも存在する。

これらの調査業務は、米国国防脅威削減局(Defence Thread Reduction Agency)が発注したものである。業務の実施には、米国防省と関係がある企業郡(とりわBlack and Veatch社他)が関わっている。

これらの調査業務には、大きく分けて3つの分野がある。まず、米国防総省(Pentagon)によれば、NATO軍部隊の展開が予想される地域での生物学的状況の観察についてである。第二に、危険な微生物の菌株の収集と輸送である。第三の業務分野は、その地域に特有で、自然の力を持ち、人間に感染する可能性のある生物兵器物質に関する科学的調査である。

例えば、2021年以降、米国防総省(Pentagon)は1,180万ドルの資金で「ウクライナ軍における人獣共通感染症の診断、観察、予防」というプロジェクトを実施している。

2020年から2021年にかけて、ドイツ国防省は、EUの対外国境において生物学的安全保障のためのウクライナとドイツのイニシアティブの中で、クリミア・コンゴ出血熱、レプトスピラ症、髄膜炎、ハンタウィルスの原因物質の調査を行った。

コロナウイルス感染症の治療と予防のための薬剤のテストを口実に、スラブ系民族の感染者から採取した数千の血清サンプルがウクライナから米国ウォルター・リード陸軍研究所に輸送された。

同時に、我々のデータによれば、2014年から強化された生物学研究所の活動と、米国が実施したいわゆるウクライナの医療制度「改革」プログラムは、危険で経済的に重要な感染症の罹患率を管理できないほど増加させることにつながった。

そのため、ウクライナでは風疹、ジフテリア、結核の患者数が増加していることが指摘されている。はしかの発生率は100倍以上になっている。世界保健機関(WHO)は、ウクライナをポリオ発生の危険性が高い国と宣言している。

2007年には、米国国防総省(Pentagon)の下部組織グルジアの生物学研究所で、伝染力の強いアフリカ豚コレラ熱の株が作られたとと思われる。その広がりは、ウクライナやポーランドなど多くの国に大きな経済的ダメージを与え、これらの国々が生産した食肉が多くの豚肉加工輸出業者から排除された。

我々ロシア軍NBC保護部門は、迅速にウクライナ国領土内の生物学的状況を分析する。

我々のデータによると、生物学的プログラムの緊急段階的縮小が行われている。分析された文書によると、ウクライナ保健省は2月24日以降、研究所にある生物製剤を完全に解体することを任務として設定したことが確認された。

同時に、研究所の職員に与えられた指示の分析から、解体手続きは採集物の完全な解体を目的としていることがわかる。どうやら、軍事生物学プログラムの実施継続に必要なものはすべて、すでにウクライナから持ち出されたようだ。

解体行為の分析によると、リヴィウの生物学研究所ではペスト、炭疽病、ブルセラ症の病原体、ハリコフとポルタヴァの研究所ではジフテリア、サルモネラ症、赤痢の病原体で作業が行われたことがわかる。リヴィウではレプトスピラ症の病原体が入った容器232個、野兎病の容器30個、ブルセラ症の容器10個、ペストの容器5個が解体された。合計で320以上のコンテナ。生物病原体の名称と数の多さは、この作業が軍の生物学的計画の枠内で行われたことを示している。

米国防総省(Pentagon)から指示を受けている者は、これらの採集物がロシアの専門家の手に渡れば、ウクライナと米国による生物兵器および毒素兵器の禁止に関する条約違反の事実が確認される可能性が高いことを理解している。 違反行為は例えば、合成生物学的手法を使って微生物の病原性を強化する作業を行うことだ。

これだけで、解体が緊急に行われたことが説明できる。

これは資料の一部に過ぎない。引き続き調査を行い、皆様にご報告する。

ココまで。

尚、ロシア国防省陸軍放射能生物兵器防衛部隊を含めロシア国防省のWebsiteは日本からのIPアドレスからは見ることができない。なのでVPNでベラルーシからアクセスすると見ることができる。英語のページもあるのでご興味がある方は下記参照されたし。

https://eng.mil.ru/en/structure/forces/ground/structure/rhbz.htm

以下、上記YouTubeの説明蘭内にある英語の原文を記載する。

The Ministry of Defence of the Russian Federation has repeatedly drawn attention to the biological programmes implemented by the Pentagon in the post-Soviet area.

Including the territory of Ukraine that has united a chain of more than 30 biological laboratories divided into those for scientific research and for sanitary-epidemiological investigations.

Those works have been ordered by the Defence Threat Reduction Agency (DTRA). A firm affiliated to the defence department (Black and Veatch above all others) are involved in the implementation of the projects.

The works refer to three main branches. In the first place, it refers to the biological situation observation in the areas of possible deployment of the NATO military contingents, according to the Pentagon. In the second place, it is dedicated to collecting and transporting the strains of dangerous microorganisms. The third branch of activity refers to scientific investigations on potential biological weapons agents that are specific for that region, possessing natural focuses and able to be transmitted to humans.

For example, since 2021, the Pentagon has been carrying out the project called 'Diagnosis, observation and prevention of zoonotic diseases in the Armed Forces of Ukraine' funded with 11.8 million dollars.

In 2020-2021, the German Ministry of Defence examined the Crimean-Congo hemorrhagic fever, leptospirosis, meningitis, hantaviruses causative agents within the Ukrainian-German initiative for biological security on the external borders of the European Union.

Under the pretext of testing agents for the treatment and prevention of the coronavirus infection, a few thousand of serum samples taken from the infected individuals that refer to the Slavic ethnicity have been transported from Ukraine to Walter Reed Army Institute of Research.

At the same time, the activity of the biological laboratories that, according to our data, has been intensified since 2014 and the so-called Ukrainian healthcare system 'reforming' programme implemented by the United States have led to an unmanageable increase of hazardous and economically important infections morbidity.

Thus there has been noted an increase of rubella, diphtheria and tuberculosis cases in Ukraine. The incidence of measles has increased more than 100 times. The World Health Organization has declared Ukraine a country with a high risk of the poliomyelitis outbreak.

We are considered that in the year of 2007 a strain of African swine fever with high contagiousness was constructed in the Georgian biological laboratory which is subordinate to Pentagon. It`s spread caused significant economic damage to a number of states including Ukraine and Poland and excluded them from a number of pork exporters.

The Department of the Chief of the Russian troops NBC protection constantly analyzes the biological situation on the territory of Ukraine.

According to our data an emergency phasing out of the biological programmes takes place. The analysed documents confirm that Ukrainian Health Ministry has set a task to completely destroy the bio-agents in the laboratories since 24th of February.

At the same time the analysis of the instructions given to the laboratory officials indicates that liquidation procedure is aimed at the irrevocable destruction of the collections. Apparently, everything necessary for continuation of the implementation of the military biological program has already been taken out of Ukraine.

The analysis of the acts of destruction shows that work was carried out with pathogenes of plague, anthrax and brucellosis in the Lviv biological laboratory, pathogens of diphtheria, salmonellosis and dysentery in laboratories in Kharkov and Poltava. Here are some of them: only in Lviv 232 containers with the casuative agent of leptospirosis, 30 containers with tularemia, 10 with containers brucellosis, 5 containers with plague were destroyed. In total more than 320 containers. The nomenclature and excessive number of bio-pathogens indicate that the work was carried out within the framework of military biological programs.

The curators from the Pentagon understand that if these collections get to Russian experts a fact of violation of the Convention on the Prohibition of Biological and Toxin Weapons by Ukraine and the USA will most likely be confirmed. Namely: carrying out work to enhance the pathogenic properties of microorganisms with usage of synthetic biology methods.

Only this can explain a haste with which the liquidation was carried out.

This is only a small part of documents. We continue the work and will inform you.

powered by powpress
link Tip
Share
tx
translate