@kenshishido is on PowPing!

PowPing is a place where you can earn Bitcoin simply by socializing, for FREE.
Never tried Bitcoin? It's OK! Just come, socialize, and earn Bitcoin.
Check out kenshishido's activities

ビットコイン総合

visit channel home
Total Economy: 0.97 USD

クレイマンライト裁判。14日目。 (2021/11/23)

執筆:宍戸健

本日で証人訊問はすべて終了した。明日午前中には最終弁論が原告、被告側の弁護団により90分ずつ行われる。

1. Carolina氏のメモ全訳。

a. おはようございます!裁判所に戻ってきました。Kleiman v. Wright事件です。明日の陪審員への引き渡しに向けて、当事者が事件を解決しようとしているため、今日は少し早めに開始し、遅くなる予定です。ライトの自閉症専門家であるAmi Klin博士は、まだ証言台で反対尋問を受けている。

b. クリンは、ライトが 「過度に文学的」であると言っている。また、ライトのお気に入りの本はOEDだそうです。10分間の休憩に入りましたが、弁護士たちは、原告がこの事件の証拠のいくつか、つまりライトがデイブ・クライマンをビジネスパートナーと呼んでいる電子メールについて、クリンにコメントを求めることができるかどうかについて争っています。

c. 弁護団は、「ライト博士が何年も前に言ったことについて、クリン博士が意見を述べることはない」と言っています。それは不適切であり、この専門家に対する裁判所の以前の判決を「回避」するものです。ブルーム判事は、ライトが過度に文学的であるという事実をすでに証言していると言います。彼女は、この展示物がこの証人には不適切であるという弁護側の意見に同意し、原告は彼に電子メールを見せることはできません。

d.原告側は、自閉症の人が偽造書類を提出するようなことがあるのかと質問しています。Klin氏は「ない」と答えます。原告はKlin氏に、陪審員がライト氏自身の証言と矛盾するライト氏の書面による宣言を見たと仮定することを求めます。Klin氏によると、自閉症の人は共有された文脈から外れた発言をする傾向があるそうです。

e. Klin氏:「彼らは自責の念に駆られる傾向があります。私たちは、障害のために彼らを罰することがないように、彼らの背景を理解しようとしています。」

f. クレイグ・ライト氏が証言台に戻ってきました。

g. ライトは自分の体験を語っています。彼が5歳のときに両親が離婚し、親権をめぐって争いました。母親はその後、他の男性と交際していましたが、その男性は虐待をしていました。彼は母方の祖父母と多くの時間を過ごし、特に祖父はハムラジオ小屋で一緒に過ごしていました。

h. コンピュータのコーディングを始めたのはいつですか?1979年。C言語をはじめ、さまざまな言語を組み合わせてコーディングを始めたと言います。

i. K-Mart、オーストラリア証券取引所、ラセター社のために作ったソフトウェアなど、彼のプロとしてのキャリアを紹介しています。ライトは、さまざまな通貨を使ったオンラインギャンブルに使えるトークンを持つという彼のアイデアを説明している。被告側弁護団はこの仕事をビットコインに結びつけるのだろうと推測している。

j. 2007年8月だったか、ライトとBDO社のパートナー、アレン・グレンジャーのとのミーティングの議事録を見せてもらった(日付が手書きで読みづらい)。ライトによれば、このミーティングは、彼が執筆中のビットコインのホワイトペーパーに関するものだった。

k. 議事録には、2008年8月までにコードを完成させ、2008年10月までに「ドキュメント」(ライトが言うところのホワイトペーパー)を完成させ、2008年11月から12月までにテストシステムを稼働させるという計画が記されている。

l. ライトは、2007年初頭にビットコイン・ブロックチェーンのコーディングを開始し、2008年3月から4月までにコーディングを終えたという。2008年3月以前は誰も手伝ってくれなかったという。 ライトは、コードの断片をハル・フィニーに送り、彼はデバッグを手伝ってくれたという。

m. デイブ・クレイマンは、ビットコインWPの最初のバージョンではなく、その後のバージョンを見て、文法などの整理を手伝ってくれたという。デバッグやコード開発を手伝ったわけではありません。

o.(確かに今は質問についていけないが、私の理解では)ライトは当初、ビットコインを採掘するために60万米ドル相当のコンピュータが必要だったと言っている。(写真参照)

その他Bagnooの様子。(クレイグ博士の当時のブログ)

p. 2008年3月12日にライトがデイブ・クライマンに送ったとされるメールには、「今年の後半に発表する論文の編集を手伝ってほしい......ビットコイン、ビットキャッシュ......」と書かれている。

q. しかし、その送信元のメールアドレスは "craig@rcjbr.org "だった。ライトは、RCJBR=ラモーナ、クレイグ、ジョシュ、ベン、レイチェルと言っている。それは彼の妻と子供たちだ。彼が妻と出会ったのは2010年で、rcjbr.orgのドメイン名が作られたのは2011年10月のことです

r. さて、2009年の確定申告書を見てみると、ライトは220万ドルのキャピタルゲインを申告している。彼は、個人の信託から、ビットコイン関連の権利を他社に売却したという。「私は基本的に、自分のソフトウェアに220万ドルの価値があると言い、それに対して税金を支払ったのだ。」

s. ライトへの最後の質問は、デイブ・クライマンの死についてでした。ライトは、それが自分にとって非常に大きな衝撃だったと言う。デイブや彼の財産から何かを盗んだことはないと言う。弁護側からの質問はこれで終わり、原告側は昼食後に反対尋問を行う。

t. 反対尋問に入ります。今日の初め、ライトは最初のビットコイン白書は60ページで、デイブ・クライマンはそのバージョンを見ていないと言った。今、クライマンの弁護士は、裁判の9日目に行われた彼自身の証言を彼に読み返した。

u. その証言の中で、ライトはその文書について、「誰も知る必要のない完全なBSがいっぱいあって、デイブは私にそれを処分するように言った。」と述べている。原告は今、この文書に穴を開けようとしており、このメモの手書き部分のメタデータがないと言っています。

v. 原告側は、ライトが以前法廷で言ったことを読み返しているだけです。これは 「以前の証言の単なる繰り返し」であるとの異議申し立てがありました。却下されました。ライトは証言台から降り、弁護人は尋問を終了したと言っています。

w. 弁護側は損害賠償の専門家を 証言台に立たせると言っていたが、 その証人は省略するようだ。予想以上のスピードで進んでいます。

x. 陪審員が休憩している間に、当事者はいくつかの申し立てを行い、基本的にいくつかの訴因と肯定的な抗弁に対する判決を裁判官に求めています。陪審員への指示の詳細を詰めていく必要があると思います。

y. 陪審員は帰宅しました。裁判官と弁護士は、陪審員への指示やその他の土壇場の詳細を詰めています。明日の朝一番に最終弁論が行われます。

z. 裁判官は、ビットコインがお金なのか商品なのかについて、どのように陪審員に指示するかが問題となっています。この件に関して裁判所を導く判例はほとんどありません。

2. Patrick Thompson, Kurt Jr. (Coingeek)

https://coingeek.com/kleiman-v-wright-day-14-recap-craig-wright-takes-the-stand-again-video/

クレイグ博士の証言によると英MI6の分析官(数学者)Gareth WilliamにもWPをリリース前に見せたとのこと。Gareth William氏は2010年8月に何者かによりロンドンの自宅で暗殺された。

https://www.dailymail.co.uk/news/article-9677621/MI6-analyst-Gareth-Williams-spy-bag-death-examined-thanks-new-forensic-lead.html

3. 筆者の意見

原告の主張は「デイブとクレイグ博士には(口頭で)パートナーシップがありクレイグ博士がデイブのコインを横領した。」ということである。しかし、その証拠は何もない。フロリダ州の法律では口頭でもパートナーシップは成立するとのことだがその条件を満たしているとも思えない。下記はフロリダ州の弁護士事務所による口頭での成立条件。

また、被告が提出した 「2008年3月12日にライトがデイブ・クライマンに送ったとされるメール」は偽造されたものであることが判明した。(誰が偽造したかは不明)

判決については判決主文では「被告の主張を退ける。」となると思うが、事実整理において「クレイグ博士が唯一のビットコインのクリエーターである。」という一文が書かれるのではないかと思う。これがなければ、別の人が「パートナーシップがあった。」と主張しかねない。この点について以下を参照する。

民事訴訟法の重要な概念(2) ~既判力の主観的範囲

「既判力とは、『確定判決に与えられる通用力・拘束力』のことを言う」 簡単に言えば「その判断について蒸し返しを許さない効力」のことである。

おそらく米国法でも同じような概念があるのではないかと思う。

Res Judicata 

Collateral Estoppel

なお筆者は法律の専門家ではないためこの意見が正しいとは限らないことを了承いただきいたい。

powered by powpress
link Tip
Share
tx
translate
marumo tipped:
0.97 USD
5 days ago