@kenshishido is on PowPing!

PowPing is a place where you can earn Bitcoin simply by socializing, for FREE.
Never tried Bitcoin? It's OK! Just come, socialize, and earn Bitcoin.
Check out kenshishido's activities
Total Economy: 0.01 USD

ロシア国防省アップデート(4月18日)

2022年4月15日 宍戸健

マリウポル地図。(SouthFront)

4月17日付、ロシア国防省首席報道官コナシェンコフ氏発表内容を以下翻訳する。

翻訳はココから。

https://fb.watch/csFH3InFg2/

ロシア連邦軍は、ウクライナでの特別軍事作戦を継続中。

夜間、高精度な航空ベースのミサイルがキエフ地域のブロヴァリー近郊の弾薬工場を破壊した。

軍用・戦術航空はウクライナの軍事資産68カ所を攻撃した。その攻撃は以下が含まれる。

クリバヤ・ルカとクラスノアルメイスク付近のS-300対空ミサイルシステムの目標照射と照準用レーダーステーション2基と、セベロドネツク付近のオサAKM対空ミサイルシステム1基を攻撃した。

Kremennaya、Krasnyi Liman、Kolodesi、Torskoe、Yampolovka、Novoselovkaにあるウクライナ軍の装備と人員が集中している40の地域と、6つのミサイル砲兵器と燃料貯蔵所。

陸軍航空隊は、夜間に4つの兵員・装備の集積地と行軍中の車列を攻撃した。50人以上のウクライナ軍人と7台のIFVとAPC、14台の装甲車が破壊された。

ミサイル部隊と大砲は、17の司令部、111の砲兵射撃場、684の敵の拠点と兵力集中地区を含む814の資産を攻撃した。

ロシアの防空手段は、アブデフカ、バイラク、ロゾバヤ、マラヤカミシェバハ、ノボプロコフィエフカ、ポロギ、チェルノバエフカ、シルコエ、ヤシノバタヤ付近でウクライナの無人機10台を撃墜した。

本作戦の累計で、航空機134機、無人航空機470台、対空ミサイルシステム249台、戦車およびその他の装甲戦闘車両2290台、多連装ロケットシステム254台、野砲および迫撃砲992台、ウクライナ軍の特殊軍事車両2166台が作戦中に撃破された。

マリウポリ市解放のための攻勢中、トルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領の要請により、4月16日にプリモルスキー地区でウクライナ人ナチスがトルコのモスクに拘束していた人質を解放する特別作戦が実施された。

ロシア特殊作戦群の勇敢な行動の結果、モスクは解放され、外国人傭兵を含む29人の武装勢力が殺害された。人質であるCIS諸国の国民は解放され、安全な場所に避難した。

アゾフスタル工場領内のマリウポルで包囲され完全に封鎖されたウクライナ人グループは、命を守るために自発的に武器を捨て降伏するよう要請された。

しかし、キエフの民族主義政権は、ラジオの傍受によると、降伏の交渉を禁止し、アゾフのナチに、ウクライナ兵と外国人傭兵の中で武器を捨てる意思のある者を見つけ次第射殺するように命じた。

降伏したウクライナ軍人によれば、合計400人の外国人傭兵が、ウクライナ軍団の一員としてアゾフスタル工場領内に包囲された。

彼らのほとんどは、ヨーロッパ諸国の市民とカナダである。以前、マリウポルの武装勢力間の無線会話が6つの外国語で行われていることを報告した。さらなる抵抗があった場合、彼らは全員排除されることになる。

特別軍事作戦の開始以来、キエフ民族主義政権は63カ国から6,824人の外国人傭兵をウクライナに呼び寄せた。

最も多いのはポーランドからで、1,717人である。約1,500人の傭兵がアメリカ、カナダ、またルーマニアから来た。イギリスとグルジアからは、それぞれ最大300人ずつてある。

シリア・アラブ共和国のトルコ支配地域からは193人が到着した。

傭兵の大半は現在、キエフ、ハリコフ、オデッサ、ニコラエフ、マリウポルのウクライナのグループに配備されている。彼らのグループへの配備は、ベラヤ・ツェルコフ市にある、いわゆる「ウクライナ国際防衛軍団」の「地域調整本部」が担当している。

敵対行為の結果、傭兵の数は着実に減少し、現在は4,877人である。

ロシア軍は戦闘行為で1,035人の外国人傭兵を排除した。さらに912人の傭兵が敵対行為への参加を拒否し、国外に逃亡した。

外国人傭兵は国際人道法上の「戦闘員」の地位はないことを思い出すべきだ。彼らはスラブ人を殺して金を稼ぐためにウクライナに来たのだ。だから、彼らに起こりうる最善のことは、刑事責任と長期間の禁固刑である。

翻訳ココまで。

しかし以下の文章を見ると非常に多くの傭兵がウクライナに集まっていることがわかる。基本的には報酬のための仕事なのだろうが、捕虜になった場合は刑事責任、禁固刑になるだろう。わりに合わないと筆者は思う。

「特別軍事作戦の開始以来、キエフ民族主義政権は63カ国から6,824人の外国人傭兵をウクライナに呼び寄せた。最も多いのはポーランドからで、1,717人である。約1,500人の傭兵がアメリカ、カナダ、またルーマニアから来た。イギリスとグルジアからは、それぞれ最大300人ずつてある。」

なお、マリウポリ現地入りしている独立系ジャーナリストPatrick Lancaster氏のリンクを以下に置く。(4月17日の現地の様子。)

またロシア国防省発表の原文(英語)はこちら。

🇷🇺🇺🇦Briefing by Russian Defence Ministry

▫️The Armed Forces of the Russian Federation continue the special military operation in Ukraine.

💥During the night, high-precision air-based missiles destroyed an ammunition factory near Brovary in Kiev region.

✈️💥Operational-tactical and army aviation hit 68 military assets of Ukraine. Among them:

▫️2 radar stations for target illumination and targeting of S-300 anti-aircraft missile system near Krivaya Luka and Krasnoarmeisk as well as 1 Osa AKM anti-aircraft missile system near Severodonetsk;

▫️6 missile-artillery weapons and fuel depots, as well as 40 areas of concentration of Ukrainian military equipment and manpower in Kremennaya, Krasnyi Liman, Kolodesi, Torskoe, Yampolovka and Novoselovka.

💥Army aviation hit 4 concentrations of manpower and equipment as well as a convoy of vehicles on the march during the night. More than 50 Ukrainian servicemen, 7 IFVs and APCs and 14 armoured vehicles were destroyed.

💥Missile troops and artillery struck 814 assets, including 17 command posts, 111 artillery firing positions and 684 enemy strong points and areas manpower concentration.

💥Russian air defence means shot down 10 Ukrainian unmanned aerial vehicles near Avdeevka, Bairak, Lozovaya, Malaya Kamyshevakha, Novoprokofievka, Pologi, Chernobayevka, Shirkoe and Yasinovataya.

📊In total, 134 aircraft, 470 unmanned aerial vehicles, 249 anti-aircraft missile systems, 2,290 tanks and other armored combat vehicles, 254 multiple launch rocket systems, 992 field artillery and mortars, as well as 2,166 units of special military vehicles of the Armed Forces of Ukraine were destroyed during the operation.

▫️During the offensive to liberate Mariupol city, a special operation to free hostages held by Ukrainian Nazis in Turkish mosque was carried out in Primorskiy district on April 16 at the request of Turkish President Recep Tayyip Erdoğan.

▫️As a result of the courageous actions of the Russian special operations group, the mosque was released and 29 militants, including foreign mercenaries, were killed.

Hostages, citizens of a CIS country, released and taken to a safe location.

▫️A Ukrainian group encircled and completely blockaded in Mariupol on the territory of the Azovstal plant has been asked to voluntarily lay down arms and surrender in order to save their lives.

▫️However, the Kiev nationalist regime, according to the radio intercept, forbade negotiations on surrender, ordering Azov Nazis to shoot on sight any willing to lay down arms among Ukrainian soldiers and foreign mercenaries.

▫️In total, according to the Ukrainian servicemen who surrendered, up to 400 foreign mercenaries are now encircled on the territory of Azovstal plant as part of the Ukrainian grouping.

▫️Most of them are citizens of European countries as well as Canada. We previously reported that radio conversations between militants in Mariupol were conducted in six foreign languages. In the case of further resistance, they will all be eliminated.

▫️Since the start of the special military operation, the Kiev nationalist regime has brought 6,824 foreign mercenaries from 63 countries to Ukraine.

▫️The largest group came from Poland - 1,717 people. About 1,500 mercenaries came from the US, Canada and also Romania. From the UK and Georgia, each up to 300 people.

▫️193 people arrived from Turkish-controlled areas of the Syrian Arab Republic.

▫️The majority of the mercenaries are now deployed in Ukrainian groups in Kiev, Kharkov, Odessa, Nikolaev and Mariupol. Their deployment in the groups is handled by the "regional coordination headquarters" of the so-called "International Legion of Defence of Ukraine" in Belaya Tserkov city.

▫️As a result of the hostilities, the number of mercenaries has steadily declined and currently stands at 4,877.

▫️Russian Armed Forces have eliminated 1,035 foreign mercenaries in combat operations. Another 912 mercenaries refused to take part in the hostilities and escaped from the country.

❗️Let me remind you that foreign mercenaries do not have the status of "combatants" under International Humanitarian Law. They came to Ukraine to make money by killing Slavs. So the best that can happen to them is criminal liability and long terms of imprisonment.

以上

powered by powpress
link Tip
Share
tx
translate
miggy tipped: