@kenshishido is on PowPing!

PowPing is a place where you can earn Bitcoin simply by socializing, for FREE.
Never tried Bitcoin? It's OK! Just come, socialize, and earn Bitcoin.
Check out kenshishido's activities

ビットコイン総合

visit channel home
Total Economy: 0.97 USD

WSJ記事の翻訳文

2011年11月14日 宍戸健

2011年11月13日付きのWall Street Journal誌(執筆 Paul Vigna記者)の記事を翻訳した。原文はこちらを参照。

オリジナル記事

Paul Vigna記者

アーカイブ版(登録しなくても読める)

Bitcoin Creator Satoshi Nakamoto Could Be Unmasked at Florida Trial

Lawsuit over a $64 billion cache looks beyond the pseudonym to solve the mystery of who created the cryptocurrency

一見、ありふれた裁判がフロリダで繰り広げられている。亡くなった男性の遺族が、元ビジネスパートナーを相手に、パートナーシップの資産管理をめぐって訴訟を起こしているのだ。

この訴訟で問題となっているのは、ビットコインの生みの親であるサトシ・ナカモトが所有していた約100万ビットコイン(現在の約640億ドルに相当)の資産です。亡くなった男性の遺族は、彼と彼のビジネスパートナーが共にナカモトであり、したがって遺族は財産の半分を受け取る権利があると主張している。

サトシ・ナカモトとは何者なのか、これは金融界の永遠の謎のひとつである。この名前は一人の人間を指すのか?それとも複数の人物なのか?そして、なぜ彼、彼女、あるいは彼らは、その財産に1円たりとも手をつけていないのか?

これらの疑問に対する答えは、フロリダ州での紛争とビットコインそのものの中心にある。ビットコインは1兆ドル規模の市場となり、何千万人もの投資家がいます。ビットコインは、規制しようとする各国政府に挑戦し、一部の国からは支持されている。ビットコインの背後にある技術は、世界の金融システムを再構築する方法だと考える人もいる。しかし、誰が、何のためにそれを作ったのかは謎のままだ。

世界最大級の個人資産を誰が支配しているのか、ということにたどり着く前に、それがすべてなのだ。

これは、フロリダ州の陪審員が取り組むことになっている。デイビッド・クレイマンの遺族は、彼の元ビジネスパートナーである、ロンドン在住の51歳のオーストラリア人プログラマー、クレイグ・ライト氏を訴えている。ライト氏は2016年から、自分がビットコインを作ったと主張してきたが、ビットコイン・コミュニティのほとんどがこの主張を退けている。クレイマン氏の家族は、2人が共同でビットコインの開発と採掘を行ったことで、クレイマン氏の家族に50万ビットコインの権利が与えられたと主張している。

原告側は、2人がビットコインの創成期から関わり、一緒に仕事をしていたことを示す証拠を提出する予定だ。裁判を傍聴していた弁護士のティボール・ナギー氏は、「これは、パートナーシップを結んでいた2人の友人の話であり、もう1人の死後、1人がすべてを自分のものにしようとしたことについての話です」と述べている。

弁護側は、ライト氏がビットコインの生みの親であり、クライマン氏は発明者として関わっていなかったことを示す証拠を持っていると述べている。ライト氏の弁護士であるアンドレス・リベロ氏は、「裁判所は、2人がパートナーシップを結んでいたことを示すものや記録は何もないと判断するだろうと信じている」と語った。

ビットコイン関係者にとって、一般的にはサトシ・ナカモトの身元を決定的に証明できる証拠はただひとつ、ナカモトが100万ビットコインを保管した口座を管理する秘密鍵である。サトシ・ナカモトを名乗る者は、そこからほんの少しでもコインを移動させることで、自分がそれを持っていることを示すことができるのだ。

サトシ・ナカモトの謎は、ビットコインの好奇心の一つである。2008年10月31日、サトシ・ナカモトという名前の人物が、銀行などを介さずに価値を交換できる「電子マネー」の仕組みを説明した9ページの論文を、暗号学者のグループに送った。その数ヵ月後には、ビットコインのネットワークが稼働し、ナカモトは初年度に100万ビットコインを集めた。

クレイマン氏の家族は、2008年のはじめに、ビジネスパートナーのライト氏がクライマン氏に、後に9ページになる論文に関して協力を求めたと主張している。二人は共同でホワイトペーパーを作成し、共同でビットコインを立ち上げたと訴訟で主張している。

ビットコインは、暗号化、暗号技術、分散コンピューティング、ゲーム理論を組み合わせたものだ。ビットコインを使えば、インターネットに接続された世界のどこにいても、2人の人間が中間者を介さずに数分で取引を行うことができる。

6億5,000万件を超えるビットコインの取引は、すべて「ブロックチェーン」と呼ばれる台帳上で公開されており、デジタル通貨の移動方法を制御する2つの数字の列、すなわち公開鍵と秘密鍵が存在する。公開鍵は、誰でもビットコインを送ることができるアドレスで、銀行口座のようなものだ。

その口座を管理している人だけが秘密鍵を持ち、実質的にビットコインを所有することになる。ビットコインの初期には、誰もナカモト氏の身元をあまり気にしていなかった。ビットコインには具体的な価値がなく、少数の支持者しかいなかった。ナカモトは2年ほど前から、掲示板に書き込んだり、開発者とメールでやり取りしたりして、開発に参加していた。

2010年12月、2つのメールアドレスと1つのウェブサイトを使っていたことで知られるナカモトは、公に投稿することをやめ、実質的に姿を消してしまったのである。

ビットコインを作るための技術的知識を持つ人の世界は限られている。暗号技術の著名人のほとんどが、ナカモトとタグ付けされている。全員が否定しており、ビットコインの創造と誰かを決定的に結びつける証拠はない。

一方、クレイマン氏は2011年にフロリダで「W&K Info Defense Research」という会社を設立した。クレイマン氏の家族は、この会社はパートナーシップであり、後にライト氏が完全な所有権を主張しようとしたと主張している。弁護側は、実際にはパートナーシップはなかったとしている。クレイマン氏は2013年4月26日に亡くなった。

翌年、ニューズウィーク誌は、ビットコインの生みの親はサトシと同じ名字のドリアン・ナカモトであると報じた。彼はこの主張を否定し、ある掲示板には、本物のナカモトが使っていたとされるアカウントから、「私はドリアン・ナカモトではない」という1文の書き込みがあった。もしそれがビットコインの生みの親からの本物のメッセージであれば、それはナカモトからの最後の公的な通信文となります。

2016年5月、ライト氏は自分がビットコインの創始者であると主張した。ライト氏は、ビットコインの初期のパイオニア数人と会い、3つのメディアに独占インタビューを行い、暗号やビットコインについて書いた論文でウェブサイトを埋め尽くした。

しかし3日後、激しい批判にさらされた彼は、この主張を取り下げました。彼はウェブサイトからすべてを削除し、4段落の謝罪文を掲載しました。「私は壊れてしまった」と彼は書いています。「私には勇気がありません。できません」。その後、ライト氏は、自分がビットコインを作ったという主張を再開している。

ライト氏やクレイマン氏が、暗号通貨を作成した知識を持っているかどうかは争われている。ライト氏は、「ハッキングし、人々をだまし、自信を持ってゲームをしてきた」と、ライト氏の最も声高な批判者の一人として登場したビットコイン投資家のアーサー・ヴァンペルト氏は述べている。ライト氏を最も批判しているビットコイン投資家の一人であるアーサー・ヴァンペルト氏は、「本物の、独立した、信頼できる証拠は何もない」と述べた。

クレイマン氏のコンピュータに関する専門知識は非常に豊富であることが知られている。Ava Labs社の創業者であるEmin Gun Sirer氏は、クレイマン氏がビットコインを作成した可能性はあるが、確証を得るには十分な情報がないと述べています。「未解決の問題です」と同氏は述べている。

powered by powpress
link Tip
Share
tx
translate
marumo tipped:
0.97 USD
1 week ago