@kenshishido is on PowPing!

PowPing is a place where you can earn Bitcoin simply by socializing, for FREE.
Never tried Bitcoin? It's OK! Just come, socialize, and earn Bitcoin.
Check out kenshishido's activities
Total Economy: 0 USD

YouTubeが米大統領選挙不正事件に関する情報の検閲開始しますよ。

2012年12月10日。だいぶ追い込まれてきてるみたいです。

YouTubeの公式Blogより翻訳(2012年12月9日)

https://blog.youtube/news-and-events/supporting-the-2020-us-election/

2020年の米国選挙の誠実さをサポートする私たちの業務のアップデートについて。

過去数週間から数ヶ月の間に、どこでどのように投票するか、あるいは候補者や問題についてもっと知りたいという人々がYouTubeを訪れているのを見てきました。報道機関が視聴者を増やしているのを見ました。また、人々が最新の選挙結果を求めてYouTubeを利用したり、アメリカで100年以上で最高の投票率を記録した歴史的な出来事を追うためだけにYouTubeを利用したりしているのも見てきました。

選挙シーズンに向けての私たちの主な目標は、人々を信頼できる情報で結びつけると同時に、誤った情報のリーチを制限し、有害なコンテンツを削除することでした。この作業は現在進行中であり、最新情報をお届けしたいと考えています。

当社のポリシーに違反するコンテンツの削除

当社のコミュニティガイドラインでは、スパム、詐欺、その他の操作されたメディア、協調的な影響力操作、暴力を扇動しようとするあらゆるコンテンツを禁止しています。9月以降、既存のポリシーに違反しているとして、8000以上のチャンネルと数千の有害で誤解を招く選挙関連の動画を削除しました。削除された動画の77%以上は、再生回数が100回に達する前に削除されました。

また、削除されるものと許可されるものの間の線引きが正しい場所で行われるように努めています。当社のポリシーでは、投票先や投票方法について視聴者を誤解させることを禁止しています。また、歴史的な米国大統領選挙の結果が広範囲にわたる不正行為やエラーによって変更されたと主張するコンテンツも禁止しています。しかし、いくつかのケースでは、選挙当局者が投票数の最終調整に取り組んでいる間、現在の選挙の結果や投票数の集計プロセスについて、物議を醸すような意見を許容することを意味しています。

昨日は米国大統領選挙のセーフハーバー期限であり、各州は次期大統領を決定するのに十分な選挙結果を確認しました。このことを踏まえ、私たちは、過去の米国大統領選挙に対する私たちのアプローチに沿って、広範囲にわたる不正行為やミスが2020年の米国大統領選挙の結果を変えたと主張することで人々を誤解させるようなコンテンツを、今日(またはそれ以降のいつでも)アップロードしたものはすべて削除することにします。例えば、ソフトウェアの不具合やカウントエラーが蔓延していたために大統領候補が選挙に勝ったと主張する動画は削除します。今日からこのポリシーの実施を開始し、数週間後にはこのポリシーを強化していく予定です。いつものように、これらの問題に関するニュース報道や解説は、教育、ドキュメンタリー、科学的、芸術的な文脈が十分にある場合には、サイトに残すことができます。

人と権威ある情報をつなぐ。

視聴時間のうち選挙関連のコンテンツはごく一部に過ぎませんが、YouTubeは選挙ニュースの重要なソースであり続けています。選挙に関連した検索結果トップ10の動画の平均88%は、権威あるニュースソースからのものでした(残りは、ニュース性の高い深夜番組、クリエイターの動画や解説などです)。また、最も閲覧されたチャンネルや動画は、NBCやCBSなどのニュースチャンネルからのものでした。

また、The Associated Pressの選挙結果をソースとするGoogleの選挙結果機能や Cybersecurity & Infrastructure Security Agency (CISA)の選挙の不正情報を論破するためのページ「Rumor Control」にリンクした情報パネルを、これらの情報パネルや20万以上の選挙関連の動画と一緒に表示しました。これらの情報パネルは、合計で45億回以上上映されています。本日より、この情報パネルを更新し、12月8日現在、各州がジョー・バイデン氏を次期大統領とする大統領選挙の結果を認定していることに注目して、連邦登録局の「2020年選挙区の結果」ページへのリンクを掲載します。また、CISAへのリンクも引き続き掲載されており、各州が投票用紙が適切にカウントされていることを確認し、不正や誤りを修正した上で結果を認証していることを説明しています。

powered by powpress
link Tip
Share
tx
translate