@kenshishido is on PowPing!

PowPing is a place where you can earn Bitcoin simply by socializing, for FREE.
Never tried Bitcoin? It's OK! Just come, socialize, and earn Bitcoin.
Check out kenshishido's activities

ビットコイン総合

visit channel home
Total Economy: 0.48 USD

クレイマンライト裁判。5日目 (2021/11/6)

本日に予定されていたクレイグ博士の尋問は時間の都合行われなかった。月曜日となった。

本日のまとめを以下記載する。また裁判用語については「よくわかる裁判員制度の基本用語」を参照されたい。

1. Patrick Thompson氏のスレッド翻訳。

Patrick氏はCoingeekのライターでKurt Jr.氏とともに現場で取材している。

#クライマンvs.ライト 5日目を振り返る。

a. リベロ弁護士氏がアイラ・クライマン氏への反対尋問を終え、その後、原告側がクライマン氏へ再主尋問を行い、その後、原告側が2本のビデオ宣誓証言を流した。

ここではその要点を紹介する。

リベロ氏が強調しているのは、デイブとクレイグは2008年3月から2008年10月までの間、ビットコインに関するメールのやり取りを1回しかしておらず、その上、デイブとクレイグは別のビジネスベンチャーのために提携していたということだ。

b. デイブとクレイグはメールの中でパートナーシップに言及しているが、これはパートナーシップなのか、ビットコイン・パートナーシップなのかは書かれていない。デイブとクレイグの両氏は、法的なビジネスパートナーシップを構築し、それを文書化する方法を明らかに知っているにもかかわらず、ビットコインに関連してはこれを行わなかったのである。

例: https://www.amazon.com/Official-CHFI-Study-Guide-312-49/dp/1597491977

その後、原告側の弁護士アンドリュー・ブレナーが再主尋問を行った。彼が強調したのは、以下の点です。

c. ビットコインに関するパートナーシップは存在しなかった。次の2つのビデオ宣誓は、クレイグの性格、ビジネス倫理、信頼性に疑問を投げかけるものだった。

d. クレイグが日付を捏造し、署名を偽造したと主張する証拠が裁判所に提出された。最初の証言は、ビットメッセージ(BM)の作成者であるジョナサン・ウォーレンで、彼はBMを2012年11月に作成したと主張し、それを示す証拠があるとした。

5. デイブとクレイグは、2012 年 10 月にBM を使用していた。ウォーレンは、彼らがこれを捏造した可能性について説明しました。

しかし、反対尋問では、Bitmessageが2012年11月以前にダークウェブで公開されていたこと、その公開前にウォーレンがクレイグと話していたことが明らかになった。

e.これにより、クレイグが正式なリリース日の前に使用していたことが説明できる。

f. そして、この日の最後の宣誓証言は、クレイグがコンサルテーションのために雇われていたGISCR社の創業者であるデボラ・コブザでした。

デボラは、クレイグが「2800万ドルのライセンス」を申請した証拠を見てショックを受けていた。創設者のKobzaはこのことを知らず、許可していなかった。コブザは、クレイグが自分の署名を偽造してこれを成し遂げたと考えている。(月曜日にデボラの反対尋問が予定されている。)

今日の要点は、原告がクレイグの性格、倫理、ビジネス上の問題に疑問を投げかけようとしていることであった。コブザの宣誓証言はこれを裏付ける意図があり、アイラへの再主尋問の意図(クレイグ博士がアイラには、ビットコインに関してはデイブ(デイブの性格など)が書類を作らず秘密に進めていた可能性を強調するものである。

クレイグ博士からアイラへのメール。(秘密にしてほしいというニュアンス?)

“Nobody involved with this ever—even after death—wanted to be known. The myth is more powerful than all of us combined. I wanted Dave’s family to know but please understand he would not have wanted the world to know.”

“Please delete the emails or at least encrypt them or something after you have read them.”

これらの議論がどこにつながっているのか、それらが将来的に価値を持つのか、あるいは強力な交差尋問によって無効になるのかを判断するのは時期尚早です。

ライト博士は月曜日に証言台に立つことになっている。月曜日に証言台に立つ予定なので、何らかの答えが得られるかもしれません。

Patrick氏のCoingeek記事はこちら。

2. Kurt Jr.とPatrickのビデオ解説

a. クレイグ博士とデイブのメールが数百通以上証拠として提出された。その中で「デイブはクレイグ博士と仕事をすることをとても光栄です。」(2011年)という感じで、今までは友人関係であったがデイブはクレイグ博士と仕事ができることをとても喜んでいた。

b. デイブがビットコインを持ってることを知る人が誰もいない。もしかしたらマイニングも一切やっていないかも知れない。(Kurtの感想。)

c. リベロ弁護士によるJonathan Warrenの反対尋問の中で、2014年にBitMessageがセキュリティ監査を依頼したが、その発注先Hotwire社はクレイグ博士がCEOだったことがわかった。

3. その他

a. CoinDeskのオーナーSilbert氏、記事のタイトルが気に入らなかったため訂正を要求。

b. Robinhoodの今週のまとめ。Robihoodは2,200万人の顧客がいる。

c. Threadreader。TwitterのThreadをまとめるサイト。こういうサイトがMoneyButton採用すればいいよね。

powered by powpress
link Tip
Share
tx
translate
degus tipped:
0.08 USD
3 weeks ago
anhinga tipped: