@kenshishido is on PowPing!

PowPing is a place where you can earn Bitcoin simply by socializing, for FREE.
Never tried Bitcoin? It's OK! Just come, socialize, and earn Bitcoin.
Check out kenshishido's activities
Total Economy: 0 USD

黄金の国ジパング復活になるのか。

2022年9月1日 宍戸健

2015年に東京大学の研究チームが伊豆諸島・青ヶ島沖の水深700メートルの深海鉱脈を発見した。その後、日本政府が資金を提供し、海底資源のスペシャリスト、JAMSTEC=海洋研究開発機構の野崎達生主任研究員による本格的な研究航海が2021年8月に行われた。

無人の探査ロボットを使った5回にわたる調査で熱水や周辺の岩石等を採取し、分析してわかったことは、岩石に含まれる金の量が平均で1トン17グラムもあった。これはなんと、現在採掘中の世界の金鉱山と比較すると、第4位に相当する。

2020年時点の金鉱石のグレード世界トップ10。単位は1トンあたりの純金(Au)の含有量(グラム)

https://www.kitco.com/commentaries/2020-11-27/Highest-grade-underground-gold-mines-in-Q1-2020.html

採取の方法について、JAMSTECは、大手機械メーカー、IHIの技術開発本部に勤める福島康之氏が独自で研究していた「ラン藻」と呼ばれる原始的な「藻」の一種が金を吸着できることを知り、これを培養し効率的に採取できる方法を研究、開発していた。

その「ラン藻の培養シート」は昨年2021年8月にJAMSTECの無人潜水艇が青ヶ島の熱水噴出孔に設置された。そしてその回収は一年後の2022年9月、そう今月なのです。

金、銀はエジプト、古代ローマ、前漢と文明が栄えた地域で多く採掘、金貨、銀貨が流通していた。日本では江戸時代の前期にはおそらく世界一の産出量があったと思われる。(徳川時代には約1302万両(約198トン)の金貨が鋳造されたことによる推測。)

金属を通じて歴史を観る。4、金属生産量の歴史(3)金銀(日本金属工業株式会社、常務取締役 新井宏、Boundary 1993年3月号より)

http://arai-hist.jp/magazine/baundary/b4.pdf

とりあえず、今月にわかるJAMSTECの無人潜水艇の調査の結果が楽しみですね。

以上。

参考資料。

サイカルジャーナル by NHK 

https://www3.nhk.or.jp/news/special/sci_cul/2022/05/special/hydrothermal-chimney-gold/

佐渡金山

http://www.sado-kinzan.com/

三菱マテリアル

https://carbide.mmc.co.jp/magazine/article/vol02/sado

powered by powpress
link Tip
Share
tx
translate