@kenshishido is on PowPing!

PowPing is a place where you can earn Bitcoin simply by socializing, for FREE.
Never tried Bitcoin? It's OK! Just come, socialize, and earn Bitcoin.
Check out kenshishido's activities
Total Economy: 0 USD

米国司法省、独占禁止法違反でグーグルを提訴

2020年10月20日

部門は、検索および検索広告市場の競争を回復するためにGoogleに対して訴状を提出

本日、司法省は、11の州検事とともに、グーグルが検索および検索広告市場において、反競争的で排除的な慣行を通じた独占を違法に維持していることを阻止し、競争上の害を是正するために、コロンビア特別区連邦地方裁判所に民事独占禁止法違反訴訟を提起しました。参加している州検事は、アーカンソー州、フロリダ州、ジョージア州、インディアナ州、ケンタッキー州、ルイジアナ州、ミシシッピ州、ミズーリ州、モンタナ州、サウスカロライナ州、テキサス州を代表しています。

「今日、何百万人ものアメリカ人が日常生活をインターネットやオンライン・プラットフォームに依存しています。 この業界における競争は極めて重要であり、だからこそ、インターネットの門番であるグーグルに対する今日の独禁法違反による挑戦は、司法省にとってもアメリカ国民にとっても記念碑的な事件である」とウィリアム・バー司法長官は述べています。「私の就任以来、私は、テクノロジー産業が競争力を維持できるよう、オンライン市場をリードするプラットフォームに関する司法省の見直しを優先してきました。 この訴訟は、何百万人ものアメリカ人消費者、広告主、中小企業、企業家が違法な独占主義者の下に置かれているインターネットに対するグーグルの支配力の核心を突いています。」

「1974年のAT&T、1998年のマイクロソフトに対する歴史的な独占禁止法訴訟と同様に、グーグルは再びシャーマン法を施行し、競争の役割を回復させ、次の革新の波への扉を開くことにしています。」と副司法長官ジェフリー・ローゼン氏は語りました。

市場価値が1兆ドルに達する地球上で最も裕福な企業の1つであるグーグルは、世界中の数十億人のユーザーと無数の広告主にとって、インターネットの独占的なゲートキーパーです。長年にわたり、グーグルは米国の全検索クエリのほぼ90%を占めており、検索と検索広告の独占を維持・拡大するために、反競争的な戦術を用いてきました。

訴状で主張しているように、グーグルは一連の排除契約を結んでおり、世界中の数十億台のモバイル機器やコンピュータでグーグルをデフォルトの一般検索エンジンに設定することを要求し、多くの場合、競合他社のプリインストールを禁止することで、ユーザーが検索エンジン、ひいてはインターネットにアクセスする主要な手段を一括してロックしています。特に、本訴状では、グーグルは以下のような方法で検索と検索広告の独占を不法に維持してきたと主張しています。

1. 競合する検索サービスのプリインストールを禁止する独占契約を締結していること。

2. 消費者の好みに関係なく、モバイル端末の有利な画面位置に自社の検索アプリケーションを強制的にプリインストールし、削除できないようにする抱き合わせやその他の取り決めを締結していること。

3. アップル社との長期契約を締結し、アップル社の人気の高いSafariブラウザやその他のアップル社の検索ツールにおいて、グーグルがデフォルトの一般検索エンジンであり、事実上の独占的な検索エンジンであることを要求していること。

4. 一般的に、デバイス、ウェブブラウザ、およびその他の検索アクセスポイント上の検索エンジンの優遇措置を購入するために独占的な利益を利用し、独占の継続的かつ自己強化的なサイクルを作り出していること。

これらおよびその他の反競争的な慣行は、競争と消費者に害を与え、革新的な新しい企業がグーグルの行動を開発し、競争し、規律する能力を低下させています。

独占禁止法は、私たちの自由市場経済を保護し、独占企業が反競争的慣行に従事することを禁じています。また、司法省は、スタンダード・オイルやAT&Tの電話独占など、アメリカ経済を支える他の重要な産業に対する独占企業が関与した注目すべき事件を100年以上にわたって起こしてきたように、今回のような事件を起こして違反を是正し、競争を回復させる権限を与えられています。

数十年前にマイクロソフト社を相手にした同省の訴訟では、ハイテク独占企業がプリインストールされたデフォルト状態を要求したり、ライバル企業への流通経路を遮断したり、ソフトウェアを削除できないようにしたりする反競争的な契約を独占禁止法が禁じていることが認められました。訴状は、グーグルが自らの優位性を維持・拡大するために、同様の契約を利用していると主張しています。

訴状では、グーグルの反競争的な行為が競争と消費者に有害な影響を与えていると主張しています。グーグルは、検索競合他社が重要な流通と規模を獲得することを妨げ、米国内の検索クエリの大部分の競争を排除しています。検索における競争を制限することで、グーグルの行為は、検索の質(プライバシー、データ保護、消費者データの使用などの側面を含む)を低下させ、検索における選択肢を減らし、イノベーションを阻害することで、消費者に害を与えています。

広告の競争を抑制することで、グーグルは広告主に競争市場で可能な以上の料金を請求し、広告主に提供するサービスの質を低下させる力を持っています。同省は、訴訟を提起することで、グーグルの反競争的な行為を阻止し、アメリカの消費者、広告主、そしてインターネット経済に依存しているすべての企業のために競争を回復することを目指しています。

グーグルは、デラウェア州法に基づいて組織された有限責任会社であり、カリフォルニア州マウンテンビューに本社を置いています。グーグルは、デラウェア州法に基づき法人化され、カリフォルニア州マウンテンビューに本社を置く上場企業であるアルファベット社が所有しています。

原文:https://www.justice.gov/opa/pr/justice-department-sues-monopolist-google-violating-antitrust-laws

翻訳;宍戸健

powered by powpress
link Tip
Share
tx
translate