@kenshishido is on PowPing!

PowPing is a place where you can earn Bitcoin simply by socializing, for FREE.
Never tried Bitcoin? It's OK! Just come, socialize, and earn Bitcoin.
Check out kenshishido's activities

ビットコイン総合

visit channel home
Total Economy: 0 USD

クレイマンライト裁判。003 (2021/11/4)

裁判3日目について以下まとめる。承認尋問は合計35人の証人のうち原告側の証人から始められる。このため1.5〜2週間は退屈なものになるだろう。本日は6名(7名?)の尋問(主にビデオ)が行われたが、ハイライトはクレイグ博士側がアイラに尋問できた45分間尋問だけだった。

1. 今日の情報ソースは傍聴席で取材している3人のメディアライターの一人Carolinaさん(フロリダ州の法律問題担当)のツイートとCoingeekのKurt Jr.氏のYouTube。

https://threadreaderapp.com/thread/1455984719900954638.html

2. 上記から重要な点を書く。

a. 原告側フリードマン弁護士尋問

-アイラがオーストラリア人に騙された悲しい被害者のように演出。

-アイラがデイブに会ったのは2009年のThanksgiving。その夜他の家族が全員帰った後、アイラだけに言った。「オーストラリア人のリッチな人とFacebookを超えるBitcoinというプロジェクトに関わっている。」「そしてビットコインのロゴを書いて見せてくれた。」

-その後2013年4月にデイブが死亡するまで会っていない。

b. 被告側リベロ弁護士の尋問

- デイブとアイラは株式投資について意見交換をしていた。デイブはアップルの株を買うように勧めた。しかしビットコインを買うように勧めていない。(ビットコインのことをアイラに2009年に話したならなぜデイブはアイラに買うように勧めていなかったのか?)

- アイラ:「ビットコインは秘密のプロジェクトなので買うように勧めなかったのではと思う。」

- ビットコインのロゴは2009年当時存在していない。

- デイブはアイラにビットコインのことを2009年のThanksgiving時以外に話したことはない。

- アイラ: 「Daveとクレイグ博士のパートナーシップの書類はない。」

- アイラ: 「Daveのノートパソコンは妻にせがまれたのでハードディスクをリフォーマットした。」

3. その他

Jamie Wilsonはクレイグ博士の会社(nChainの前身、DeMorgan他グループ会社)の元CFOのビデオ尋問。「クレイグ博士は金持ちになったが私はならなかった。」とジェラシーたらたら。

(クレイグ博士はこのJamieがクレイグ博士の特許に共同発明者として申請してる件について訴訟起こす。「わしの知らんうちに名前を入れてやがる。(怒)」

nChainのジミーさんも1時間45分尋問を受けた。原告側弁護士に執拗に2009年前後のクレイグ博士やデイブの関係について聞かれたが、ジミーさんがクレイグ博士にあったのはもっとあとなのと、デイブにはあったことがなかった。この尋問を陪審員に見せることの意図は意味不明。

4. 明日の予定

クレイグ博士側によるアイラの尋問から始まる。

5. その他

こちらもクレイグ博士のブログ(Adam Selene)

powered by powpress
link Tip
Share
tx
translate