@kenshishido is on PowPing!

PowPing is a place where you can earn Bitcoin simply by socializing, for FREE.
Never tried Bitcoin? It's OK! Just come, socialize, and earn Bitcoin.
Check out kenshishido's activities
Total Economy: 0.06 USD

ロシア国防省3月6日アップデート

2022年3月7日 宍戸健

3月6日、ロシア国防省首席報道官コナシェンコフ氏発表内容を以下翻訳する。生物兵器に関することについて注目したい。

ココから。

ルガンスク人民共和国とドネツク人民共和国の軍隊のグループは、ロシア軍の火力支援を受けながら、攻撃作戦を成功させている。

ドネツク共和国人民民兵の部隊は、マリウポリで北西と東の方向から攻勢をかけ、成功を収めている。

ロシア連邦軍は、ウクライナの軍事基盤の資産を攻撃している。

3月6日、ヴィニツァにあるウクライナ空軍の飛行場が高精度長距離兵器により使用不能になった。

ロシア航空宇宙軍の戦闘機と防空部隊が、さらにウクライナのSu-27戦闘機3機と無人航空機3台を空中で撃墜した。

昨日から今日にかけて、ウクライナ空軍は合計で、11機の攻撃機と2機のヘリコプターを失いました。

キエフ政権のほぼすべての戦闘可能な航空が破壊された。

同時に、以前ルーマニアや他の国境国へ飛んでいたウクライナの強襲機についてもわかっている。

これらの国の飛行場網をウクライナ軍機の基地として使用し、その後ロシア軍に対して使用したことは、これらの国が武力紛争に関与したものと見なすことができる。

ロシアの高精度長距離兵器とウクライナの軍備は機能停止に追い込まれる。

キエフ国家主義政権は、ウクライナの軍産複合体企業の従業員に、敵対行為地域への後続配備のために損傷した軍備を修復するよう強制している。

ウクライナを非武装化する作業の一環として、ロシア軍は高精度の武器でウクライナの軍産複合体の企業を打ち負かす。

ウクライナの防衛産業企業の従業員の生命を脅かすことを避けるため、そのような施設に対する攻撃計画を事前に警告する。

我々は、ウクライナの防衛産業の工場の従業員が、キエフの民族主義政権に導かれることなく、企業の領土から離れることを呼びかける。

特別軍事作戦により、キエフ政権がウクライナで実施した米国国防総省の資金提供による軍事生物プログラムの痕跡の緊急一掃の事実が明らかになった。

我々は、ウクライナの生物学研究所の職員から、2月24日にペスト、炭疽菌、野兎病、コレラなどの特に危険な病原体を緊急に破壊したことに関する文書を受け取った。

現在、この文書はロシアのNBC防護部隊の専門家によって分析されている。

特別軍事作戦の開始に伴い、米国国防総省がウクライナ領土で秘密の生物学的実験を行っていることを明らかにされることに深刻な懸念を抱いていたことは明らかである。

受け取った文書によると、生物兵器成分の開発は、ロシア領土のすぐ近くにあるウクライナの生物学研究所で行われたことが確認されている。

米国とウクライナによる「細菌(生物)兵器および毒素兵器の禁止に関する国連条約」第1条違反の事実の開示を防ぐため、ウクライナ保健省はすべての生物学研究所に危険病原体の貯蔵ストックの緊急清算に関する指示を送った。

近日中に、受領した文書の分析結果を発表する予定です。

ココまで。翻訳はロシア国防省の以下のクリップの英文から日本語にDeepLで翻訳、修正しました。

翻訳は上記のロシア国防省のクリップ説明欄の英語文章から日本語にDeepLで翻訳、修正しました。以下は英語原文です。

The grouping of troops of Lugansk and Donetsk People's Republics, with the fire support of the Russian Armed Forces, continues successful offensive operations. The units of People's Militia of Donetsk Republic are successfully developing offensive in Mariupol from the north-western and eastern directions.

The Armed Forces of the Russian Federation strike at the assets of the military infrastructure of Ukraine. On March 6, the airfield of the Ukrainian Air Force in Vinnytsa was disabled by high-precision long-range weapons. Fighter aircraft and air defence of the Russian Aerospace Forces shot down three more Ukrainian Su-27 fighters and three unmanned aerial vehicles in the air.

In total, for yesterday and incomplete today, the Ukrainian Air Force lost 11 assault aircraft and 2 helicopters. Almost all combat-ready aviation of the Kiev regime has been destroyed. At the same time, we know about Ukrainian assault aircraft that had previously flown to Romania and other border countries.

The use of the airfield network of these countries for basing Ukrainian military aviation with subsequent use against the Russian Armed Forces can be regarded as the involvement of these states in an armed conflict. Russian high-precision long-range weapons and military equipment of Ukraine are put out of action.

The Kiev nationalist regime forces employees of enterprises of the military-industrial complex of Ukraine to restore damaged military equipment for subsequent deployment to the areas of hostilities. As part of the task of demilitarizing Ukraine, the Russian Armed Forces will defeat Ukrainian enterprises of the military-industrial complex with high-precision weapons. In order to avoid a threat to the lives of employees of enterprises of the Ukrainian defence industry, we warn in advance of planned strikes against such facilities.

We call on the personnel of the Ukrainian defence industry plants not to be led by the Kiev nationalist regime and to leave the territories of their enterprises. During a special military operation, the facts of the Kiev regime's emergency cleanup of traces of a military biological program funded by the US Department of Defence implemented in Ukraine were revealed.

We have received documentation from employees of Ukrainian biological laboratories on the emergency destruction of especially dangerous pathogens of plague, anthrax, tularemia, cholera and other deadly diseases on February 24. Now the documents are being analyzed by Russian specialists of NBC protection troops.

It is obvious that with the beginning of a special military operation, the Pentagon had serious concerns about the disclosure of conducting secret biological experiments on the territory of Ukraine. The received documents confirm that the development of biological weapons components was carried out in Ukrainian biological laboratories, in the immediate vicinity of the territory of Russia.

In order to prevent the disclosure of facts of violation by the United States and Ukraine of Article 1 of the UN Convention on the Prohibition of Bacteriological (Biological) and Toxin Weapons, the Ukrainian Ministry of Health sent an instruction to all biological laboratories on the emergency liquidation of stored stocks of dangerous pathogens. In the near future we will present the results of the analysis of the received documents.

https://disk.yandex.ru/d/dyWUEF3tDZGauw

powered by powpress
link Tip
Share
tx
translate
kenshishido tipped: